自然首都・只見  
     


  開 催 中 !
企画展 「自然素材を活かす技
 ~木地、編み組、草木染めと伝承産品の魅力~ 」

 只見町に暮らす人々は、豊かな自然環境を守りながら自然を持続可能な形で活用してきました。広大な森林原野からは、煮炊きや暖房のため燃料、生活必需品の製作に必要な自然素材、山菜や野生獣などの食料、さらに住居の建築や農業資材も得ていました。こうした天然資源を活かした暮らしは、只見地域が自然と人間との共生の国際モデル地域であるユネスコエコパークに登録された重要な要因です。そして、私たちの持続可能な発展のために学ぶべき姿であり、お手本です。只見町では、そうした姿を理解いただくために町民の方々が自然素材からつくり出した産品を「自然首都・只見」伝承産品ブランドとして販売しています。

 この企画展では、只見町の天然資源を使った産品のうち植物を使ったものを取り上げ、素材となった多様な植物を解説するとともに、製作の過程と完成した製品を紹介しています。多様な自然素材から紡ぎ出される数々の産品を通して、只見町の自然と人々の暮らしの魅力を知って頂くとともに、ユネスコエコパークの理念でもある「持続可能な自然資源の利活用」に対する理解や意識を深めることを目的としております。

■会期:2022年10月29日(土)~2023年3月27日(月)
■場所:ただみ・ブナと川のミュージアム 2階ギャラリー
■入館料:高校生以上310円(260円)、小・中学生210(160円)
    
 ※( )内は20名以上の場合の団体割引です。
       ※只見町内在住の小・中・高校生は受付の際、入館証のご提示で観覧無料です。
 
 
 
 開 催 中 !
只見町ブナセンター主催写真展
「この写真、どこ? だれ? 何してる? 
― 皆川文弥が撮った只見線が開通した頃の只見 ―」

 ふるさと館田子倉に収蔵・展示されている多くの民俗資料は、生前、皆川文弥氏が収集したものです。この写真展は、その文弥氏が撮りためた大量の写真ネガの中から、テーマ別に抜粋しプリントして展示したものです。写真の中には年代や場所、建物の名称など、分かるものもあれば不明なものなど様々です。
 そこで、写真をご覧いただき、些細なことでも構いませんので、ご存知のことがあれば是非、教えてください。用意した付箋に、その内容を記入し写真の下の空欄にお貼りください。
 一枚の写真に情報を加えることによって写真を甦らせる。見る人によって懐かしく思えたり、新鮮に感じたり…。世代を問わず、みなさんと共に作り上げることを目的とした写真展です。ご覧いただき心に残れば幸いです。

■会期:2022年8月11日(土)~2022年11月28日(月)
■場所:ふるさと館田子倉 2階会議室
■入館料:高校生以上310円(260円)、小・中学生210(160円)
    
 ※( )内は20名以上の場合の団体割引です。
       ※只見町内在住の小・中・高校生は受付の際、入館証のご提示で観覧無料です。
 
 
c Tadami Beech Center.