自然首都・只見  
     




植物学者河野昭一の世界.pdf
特別企画展
植物学者 河野昭一の世界 その生涯と只見
開催期間 2019年4月27日)~2019年9月2日(月)
会  場 ただみ・ブナと川のミュージアム 2階ギャラリー
 
 ただみ・ブナと川のミュージアム初代館長(後に名誉館長)を務められ
河野昭一先生(京都大学教授)が2016年10月14日に亡くなられてから2年が
経ちました。河野昭一先生は、著名な植物学者であり、教育者として、また、自
然保護運動の活動家としても多くの功績を残されました。只見町においても例
外でなく、町史編纂事業の一環として行われた「ブナ林総合学術調査」を御指導
され、その成果の中からブナ林に代表される只見町の自然環境の価値を科学
的に裏付け、「奥会津森林生態系保護地域」の設定や世界自然遺産登録運動
にも尽力されました。また、その後には只見町ブナセンターの設立や「ただみ・
ブナと川のミュージアム」の開設を提案、その実現に大きな役割を果たされま
した。今日の只見町のブナ林を核とした町づくりや只見町ブナセンターの活動
の基礎をつくった方といっても過言ではありません。 
 本企画展では、植物学者 河野昭一氏の経歴と業績について紹介し、只見町
における活動と地域貢献を顕彰するものとして開催します。 



十島・塩沢集落で夏の只見を撮る!.pdf
猪又かじ子写真教室
十島・塩沢集落で夏の只見を撮る!
日 時 2019年8月4日(日) 午前9時30分~14時
集 合 午前9時30分 河井継之助記念館駐車場(国道252沿い、只見町塩沢林崎)
参加費 高校生以上 500円  小中学生 300円 (保険料を含む)
※昼食代が別途必要です(1,000円~1,500円程度)
持ち物 デジタルカメラ※、飲み物、帽子など暑さ対策、雨予報なら傘も
※コンパクトカメラ・スマートフォンカメラも可、持参のカメラの種類と記録媒体(SDカードなど)を申し込み時にお伝えください
定 員 20名 ※事前申し込みが必要です
※荒天時は撮影場所の変更や時間を短縮することがあります
千葉県柏市在住で只見町のアトリエをベースに四季の自然を長年撮り続けている
猪又かじ子氏から写真撮影のコツや構図の工夫など、アドバイスをいただき
ながら撮影します。そしてファインダーを通して只見の自然を観察します。
初心者も歓迎です。撮影後は、塩沢集落「そば処 しおさわ庵」で昼食となります。
午後には店内をお借りして撮影した写真を猪又氏に講評していただきます。
カメラの撮影方法を学びながら、只見町の自然に触れてみませんか?
お誘い合わせの上、ぜひご参加ください。
 申込み・お問い合わせはブナセンターまで

© Tadami Beech Center.